某リサイクルショップでの買い取り(従業員談)

某リサイクルショップでの買い取り(従業員談)

当店舗では店頭買取、出張買取で着物の買取を受け付けています。
お預かりする着物は着なくなったもの、遺品というケースがほとんどです。
お預かりした着物は査定カウンターでまずは状態を確認します。
最初に確認するのは着物の状態で着物の裾などの劣化、傷の具合を確認します。
傷の具合によりますが問題があれば買取金額の10%以上を減額します。
次に匂いも重要です。
虫よけに市販の樟脳などの防虫剤を使用される方もいますがこれが着物に匂いが移っていると価値が下がります。
こちらは買取金額の50%以上減額もあります。
次に柄を確認しますが極端におかしなものでなければ問題ありません。
そこからインターネットを使い、商品を特定します。
ここで調べるのはメーカー希望小売価格やインターネット販売を行うサイトの売価、ネットオークションの落札履歴を確認します。
しかし、着物の情報は特定が難しく、担当はベテランや社員が主に行います。
それらを確認し、商品をランク付けします。
当店では5段階ほどで大まかに設定し、販売売価の60%から10円までが買取金額です。
つまり、高価買取条件は
・商品の状態(傷、匂い)が良い
・販売しやすい色、柄
・販売されたのが最近
上記を満たしていると高額買取しています。
また、高額買取を希望するのであれば出張買取はお勧めしません。
お客様のご自宅では社内データの確認をできないため、ある程度安く買取しています。
これは他の商品も同じなため、買取金額を少しでも高くしてほしいのであれば店頭での買取をお勧めします。